トップへ戻る

近年、動物においても高齢化が進むにつれ腫瘍(しこり)の患者様が増加傾向にあります。ヒトと同じように早期発見・早期治療することが重要で、腫瘍であっても治せる可能性が上がると考えております。
些細なことでも構いませんので、まずは御相談ください。

治療にあたってまず重要なことは、「敵(腫瘍)」の正体を知ることが大切になってきます。
その正体をつかむために、細胞診といって針で腫瘍を刺してその成分を分析し、場合によっては組織の一部を切除して分析しなければならない場合もあります。
それにより、腫瘍が一体何であるのか、良性なのか悪性(ガン) なのかを鑑別することが可能です。その上で、転移があるのか、またどの程度広がっているのかを、血液検査・レントゲン検査・超音波検査、場合によってはCT検査などを行い腫瘍の進行度を調べることも必要になってきます。最終的に腫瘍の正体をつかんだ上で、飼い主様と治療の御相談を行い、その動物にとって、より良い治療方法を一緒に考え選択してまいります。
当院では、ガンに対して様々な治療の選択肢がある中で、
外科治療、抗がん剤治療、内科治療、対症療法、レーザー治療を行っております。
また、近年注目されております分子標的薬やメトロノーム療法といった新しい治療法も行っております。

ガン細胞に存在する異常な遺伝子に作用することで、抗腫瘍作用は高く副作用を低く抑えた新しい治療法です。

初期の体の表面にできた小さな腫瘍などには、体の負担の少ない局所麻酔で切除が可能な場合もあります。

腫瘍に対して栄養を供給する血管の成長を抑えることで、腫瘍の成長速度を抑え進行を遅らせる治療法です。

当院では、飼い主様に腫瘍の診断・手術・抗がん剤治療などをわかりやすく説明させていただきます。腫瘍によっては、早期摘出により完治が見込めるものや、そうでないものまで様々です。しかし、完治できなくとも、ガンになったワンちゃんやネコちゃんのQOL(生活の質)の向上・症状の緩和を行うことも治療のひとつと考えております。ベストの治療を飼い主様と一緒に考えていければと思っております。